診療案内
information

診療時間

診療時間
9:30~12:30 手術
16:00~19:00 × ×
休診日:水曜・土曜午後・日祝

コンタクトレンズの受診につきましては、診療時間終了の30分前までにお越しください。

診療内容≪ボタンをクリックすると詳細が表示されます≫

●眼科一般 ●日帰り手術 ●コンタクトレンズ

白内障

白内障は目の水晶体が濁ってしまい視力が低下する病気です。水晶体が濁る多くの原因は老化現象の一種です。

目をカメラに例えるなら、水晶体はレンズに相当する部分です。
視力低下・かすみ・まぶしさ・なんとなく見えにくい等様々な症状があらわれます。

白内障の進行を遅らせる点眼治療を行い、日常生活に支障が出るようになれば手術による治療が必要になります。

緑内障

緑内障は目の中の水(房水)が視神経を圧迫することで視野が狭くなってしまう病気です。
片目の視野が欠けていても、もう片方の目が補おうとするので、見えていなくても気が付きにくく、無自覚のまま少しずつ症状が進行します。

残念ながら失われた視野が治ることはありません。

自覚症状が出た時には大きく視野が欠けている場合がほとんどです。
40歳以上の日本人の5~7%は緑内障だと言われていますので定期的に眼科で検査し、早期発見することが重要です。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは目の中の黄斑と呼ばれる部分が加齢により機能低下する病気です。
黄斑は網膜の中心部分にあり、網膜の中でも特に良い視力が得られる部分です。

加齢黄斑変性には黄斑が萎縮する「萎縮型」、新生血管と呼ばれる異常な血管が原因の「滲出型」の2つに分類されます。

加齢黄斑変性になると、視力低下・中心がぼやけて見える・ゆがんで見える・暗く見える等の症状があらわれます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは糖尿病により目の奥の網膜が障害をうける病気です。
糖尿病と目の病気は一見無関係に思えますが、糖尿病により血管に負荷がかると毛細血管が集中している網膜にも負荷がかかります。

網膜の毛細血管は負荷がかると詰まってしまい、新しい血管を作り出します。
この新しい血管を新生血管と呼びます。
新生血管は脆く出血しやすいため、硝子体出血を起こすことがあります。
また、新生血管から滲みでた成分で増殖膜と呼ばれる膜が形成され、その結果網膜剥離を起こすことがあります。

糖尿病網膜症で自覚症状が出る頃には相当進行している場合が多いので、糖尿病と診断された方は自覚症状がなくても眼科検診を受けるようにしましょう。

飛蚊症

飛蚊症とは硝子体の一部が繊維組織や水分に分離して影のように見える状態のことをいいます。

多くの場合は生理的な飛蚊症なので問題ありませんが、一部「網膜剥離」などの重篤な症状の前触れである場合がありますので、注意が必要です。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とはまぶたを開ける能力が何らかの原因で衰えた状態です。
眼瞼下垂には先天性と後天性があり、後天性の眼瞼下垂の原因として加齢・ハードコンタクトレンズの長期使用・脂肪がついたことでの弛み等があります。

眼瞼下垂になると、まぶたが開けにくくなる・おでこにシワが寄る・肩こり・頭痛等の症状があらわれます。

ものもらい

ものもらいとは「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」の俗称です。
麦粒腫とは、まぶたの脂等を出す腺に細菌が感染し、赤く腫れ、触ると痛みが伴う病気です。

多くの場合は、点眼や眼軟膏を処方し1~2週間で治りますが、まれに重症化する場合もあります。

さかまつげ

さかまつげとは、まつげが眼球に触れてしまう状態のことをいいます。
さかまつげの原因として「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」があります。

「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」とは
本来、外に向いて生えるはずのまつげが内向きに生えることで眼球に触れる状態になる病気です。

「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」とは
まつげの生え方に問題はありませんが、まぶた自体が内側に向いて、まつげが眼球に触れる状態になる病気です

ドライアイ

ドライアイとは涙の質が悪くなったり、涙の量が減ることで目の表面が傷が生じダメージを受ける病気です。

「まぶしい」「ゴロゴロする」「かすむ」「見えにくい」など、「乾く」以外にも様々な症状があらわれます。

当院では点眼による治療以外に涙点(涙の排泄口)を塞いで目に涙を留める「涙点プラグ」による治療もおこないます。

はやり目について

はやり目は正式名称を流行性結膜炎といい、アデノウイルスの感染によって起こる病気です。

結膜(白目)の充血・目やに・涙目等の症状があらわれます。
感染力がとても強いので、感染者はタオルの共有をしない、風呂は最後に入る等の対処が必要です。

斜視

斜視とは物を見る時に片目は正しい方向を、もう片方は正しくない方向を向いている状態です。原因としては、目の筋肉の異常・目の神経の異常・脳の異常・強い遠視・外傷等があります。

弱視

弱視とは目から光が入り脳に伝わるという経路の途中で支障をきたし十分に視力を得られない状態のことです。

視力の発達に重要な0歳~3歳の時に適切な刺激を受けることができず、十分な視力を得られなかった為に起こる弱視が最も多いとされています。

お子様の行動で以下の事に心あたりがある方は受診をおすすめします。

●よく物にぶつかる
●よく転ぶ
●目の前の小さなものを掴み損ねることが多い
●ぬり絵やお絵かき等、近くでする遊びをすぐやめてしまう

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、寝るときに特殊なコンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ)を装用し、翌朝に外すと、日中は裸眼で過ごせるようになるという近視矯正法です。

オルソケラトロジーは、装用を中止すれば角膜が元に戻るので、メガネやコンタクトレンズなどの他の矯正方法に切り替えることも可能です。

最近ではオルソケラトロジーの「近視抑制効果」も注目されており、今後は近視が進行している小児の方への治療効果が期待されております。

近視抑制治療

0.01%アトロピン点眼薬(マイオピン)を1日1回点眼する事で、近視の進行を抑制する効果が期待されています。

Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、副作用がほぼ皆無の良好な近視抑制薬と言わてれおります。Myopine(マイオピン)は、Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

マイオピンは近視の症状を有しているお子様(6歳から開始)への処方がすすめられており、処方の際は少なくとも2年間使用を継続することをおすすめいたします。

保険診療を受けられる方へ

保険診療を受けられる方は、初診の際に保険証・医療証等を必ずお持ちください。
保険証の確認が取れない場合は保険診療として取り扱う事ができません。
また、毎月の月初めの診療の際は必ず保険証をお持ちください。

当院の治療方針

院長は大学病院で角膜から網膜硝子体まで幅広く経験を積み
その後は大阪で屈指の手術数を誇る眼科に勤務。
白内障手術をはじめ、多くの眼科手術に携わっていました。

これまでの豊富な経験を活かし、地域密着型のクリニックとして
患者様のお役に立ちたいと考えています。

日帰り白内障手術 片目10分程度の手術です 当院では患者様のライフスタイルに合わせて多焦点眼内レンズの使用も可能です。
オルソケラトロジー 特殊なレンズを装用し寝ている間に近視を抑制する手術不要の近視矯正です。
その目の乾き…ドライアイかもしれません 当院ではドライアイの治療にも力を入れております。お気軽にご相談ください。
問診票ダウンロード
院長BLOG
JR摂津富田駅徒歩2分 ふくなが眼科
〒569-1144
高槻市大畑町8-7 グランウエスト2F
JR摂津富田駅徒歩2分 セブンイレブンの2階
© Fukunaga eye clinic. All rights reserved.
診療案内
診療時間
診療内容
保険診療を
受けられる方へ
当院の診療方針
医師紹介
ごあいさつ
資格
所属学会
略歴
手 術
日帰り白内障手術
緑内障手術
翼状片手術
レーザー手術
硝子体注射
オルソケラトロジー
オルソケラトロジー
とは?
オルソケラトロジー
のメリット
安心の国産
オルソケラトロジー
治療の流れ
よくある質問
治療費明細
保証内容
治療中止の場合
目薬に関して
レンズの破損、紛失、変更・スペア
その他
近視抑制治療
お子様が近視で
お悩みの方へ
対象となる方
マイオピンの特徴
処方の流れ
マイオピンの費用
院内設備
院内紹介
機器紹介
コンタクトレンズ
コンタクトレンズ
について
コンタクトレンズ
処方の流れ
アクセス
アクセス
駐車場のご案内
駐輪場のご案内