手 術
operation

日帰り白内障手術について

白内障の手術は、濁った水晶体を砕いて取り出し、人工の眼内レンズを水晶体の代わりに入れる手術です。

点眼麻酔で片目につき10分程度で終了し、入院の必要もなくその日のうちにご帰宅いただけます。

白内障手術の流れ

角膜の部分を2mm程度切開し機器を挿入します。

濁った水晶体を超音波で砕いて吸い出します。

眼内レンズを挿入します。

当院で使用する眼内レンズについて

当院では患者さまのライフスタイルに合わせて眼内レンズをご提案いたします。

●単焦点眼内レンズ《保険診療》

術後「遠く」か「近く」のどちらか片方がよく見えるようになります。

近くに眼内レンズのピントを合わせた場合

「近く」に眼内レンズのピントを合わせた場合「遠く」を見るときはメガネが必要

遠くに眼内レンズのピントを合わせた場合

「遠く」に眼内レンズのピントを合わせた場合「近く」を見るときはメガネが必要

●多焦点眼内レンズ《自費診療》

多焦点眼内レンズは、術後「遠く」と「近く」の両方が見えるようになるレンズです。
単焦点眼内レンズほどハッキリ見えるわけではありませんが、「遠く」も「近く」も見えるようになりメガネもほとんどの方は不要になります。

テクニスマルチ(AMO社)

「遠く」と「近く」の両方見えますが、「近く」がよりハッキリ見えるように設計された多焦点眼内レンズです。

回折型と呼ばれ、眼の奥に届く光の量が少ないため、暗い場所で光を見ると「ハロ」と呼ばれる光の輪が見えたり、眩しく感じる「グレア」が出る場合があります。

LENTIS(Oculentis社)

LENTISとは?

ドイツのOculentis社が開発した世界最高級の性能を持つ多焦点眼内レンズで、今までの眼内レンズの50倍の精度・屈折度数を0.01D刻みで患者様一人ひとりの目に合わせて完全オーダーメイドで作成し乱視も矯正可能です。

特徴は、遠くを見る部分と近くを見る部分が明確に分かれていることです。この構造により、今までの多焦点眼内レンズの欠点であった光学的エネルギー損失を約7%程度まで少なくしています。

その結果、一般的な多焦点眼内レンズに較べて見え方がシャープで、光のにじみが少なく、まぶしさを感じにくいと言われています。

LENTIS Mplus

LENTIS Mplusは、乱視矯正のないタイプで、乱視度数が少ない方向けの多焦点眼内レンズとなります。日本で一般的に使われている多焦点眼内レンズよりも強度近視・強度遠視の方にも対応可能です。

LENTIS Mplus Toric

LENTIS Mplus Toricは、乱視も矯正できるタイプの多焦点眼内レンズで、患者様一人ひとりにあわせた完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズとなります。
※完全オーダーメイドなので、発注から納期まで約6週間かかります。

遠方も近方も良好な視力が得られます。

ヨーロッパの臨床結果で、遠方1.0、近方0.8と安定した視力が得られています。

※遠方視力は乱視を矯正しています。乱視がある場合は、乱視入りのLENTIS Mplus Toricをお奨めします。

※ヨーロッパではCEマークを取得しており既に広く用いられていますが、日本では先進医療適応外で自費診療の手術になります。

初診から術後定期検診までのスケジュール

初診
白内障を疑われて受診する場合、精密検査を行い本当に白内障であるかの診断を行います。白内障であった場合、白内障の進行度合いにより点眼での経過観察や手術日の決定を行います。
手術前検査
手術日が決まりましたら、手術前に眼内レンズの度数を決定する検査を行います。
手術前診察
手術前の最終確認や診察、手術4日前から点眼していただく点眼薬のお渡し等を行います。
手術当日
ご予約の時間前にご来院いただき、目の周りの消毒などを行います。 手術自体は10分程度ですが、ご来院からご帰宅までは 術後の安静時間等を含めて、約2時間程度かかります。 当院ではご家族様が手術の様子を窓越しに見守る部屋をご用意しております。
手術翌日
手術の経過を確認するために必ず受診してください。
術後定期検査
手術翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後に検査を受けていただきます。

眼瞼下垂の手術について

瞼を挙げる能力が低下し眼瞼下垂となった場合、瞼を切開し瞼の中の筋肉を短縮します。
瞼の中の筋肉を短縮することで、少ない力で瞼を持ち上げることが出来るようになります。

①瞼を挙げる能力が低下した状態
②瞼のラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を除去します
③瞼を挙げる筋膜(眼瞼挙筋)を引っ張りだし、短縮した後に縫合・切除をおこないます

④常に左右のバランスを確認しながら手術を行い、最終的に丁寧に傷口を縫合して手術終了です。

 片眼手術で20分、両眼で40分程度です。

緑内障の手術について

緑内障になり、目の中の水(房水)を調整する必要がある場合は以下の手術を行います。

◆トラベクレクトミー(繊維柱帯切除術)

白目の部分(結膜と強膜)を切開してその下に穴を開け、房水を外に出す手術です。
房水が結膜の下にたまるように縫合します。たまった房水は結膜に吸収されます。

◆トラベクロトミー(繊維柱帯切開術)

結膜と強膜を切開して、房水の流れを改善した後に結膜と強膜を縫合します。
トラベクレクトミーほど重篤な合併症を起こすことはほとんどありませんが、眼圧を大きく下げることは期待できません。

翼状片について

翼状片とは目頭側の結膜(白目)が角膜(黒目の部分)に覆いかぶさる病気です。紫外線やホコリが原因であると考えられ、年配の方に多い病気です。
翼状片は悪性ではありませんので、症状がない限り放置しても問題はありません。ただし、結膜が瞳の近くまで覆いかぶさると乱視が発生します。

翼状片の手術について

翼状片で乱視等の症状が出る場合は手術を行います。手術は翼状片部分を剥がして、翼状片以外の結膜を縫い合わせて翼状片があった部分を覆います。

レーザー手術について

当院では網膜裂孔や糖尿病網膜症に対し、網膜光凝固術と呼ばれる網膜をレーザーによって焼き固める手術を行っております。

◆網膜裂孔

網膜裂孔においては、網膜にできた裂け目の周りを焼き固めて網膜剥離の予防をおこないます。

◆糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は網膜に発生する新生血管と呼ばれる異常な血管により視力低下等がもたらされるので、レーザーで新生血管を焼きつぶし視力低下を予防します。

硝子体注射について

抗VEGF療法とは、新生血管の動きを抑える薬を硝子体に注射する治療です。

抗VEGF療法は対処療法であり、加齢黄斑変性を根本的に治療するものではありませんので、定期的に注射を行う必要がありますが、治療から1週間ほどで効果が現れる、現在一番有効な治療です。

抗VEGF療法の適応は以下の疾患です。

●加齢黄斑変性

●糖尿病黄斑浮腫

●網膜静脈閉塞症

日帰り白内障手術 片目10分程度の手術です 当院では患者様のライフスタイルに合わせて多焦点眼内レンズの使用も可能です。
オルソケラトロジー 特殊なレンズを装用し寝ている間に近視を抑制する手術不要の近視矯正です。
その目の乾き…ドライアイかもしれません 当院ではドライアイの治療にも力を入れております。お気軽にご相談ください。
問診票ダウンロード
院長BLOG
JR摂津富田駅徒歩2分 ふくなが眼科
〒569-1144
高槻市大畑町8-7 グランウエスト2F
JR摂津富田駅徒歩2分 セブンイレブンの2階
© Fukunaga eye clinic. All rights reserved.
診療案内
診療時間
診療内容
保険診療を
受けられる方へ
当院の診療方針
医師紹介
ごあいさつ
資格
所属学会
略歴
手 術
日帰り白内障手術
緑内障手術
翼状片手術
レーザー手術
硝子体注射
オルソケラトロジー
オルソケラトロジー
とは?
オルソケラトロジー
のメリット
安心の国産
オルソケラトロジー
治療の流れ
よくある質問
治療費明細
保証内容
治療中止の場合
目薬に関して
レンズの破損、紛失、変更・スペア
その他
近視抑制治療
お子様が近視で
お悩みの方へ
対象となる方
マイオピンの特徴
処方の流れ
マイオピンの費用
院内設備
院内紹介
機器紹介
コンタクトレンズ
コンタクトレンズ
について
コンタクトレンズ
処方の流れ
アクセス
アクセス
駐車場のご案内
駐輪場のご案内